トップ画像

資金不足には国民生活金融公庫が断然良い


~いつ訪れるか解らない失業や退職、再就職~
開業の際に一番必要な物は資金です、当然ですよね。
設備投資や運転資金などサラリーマン時代に貯めていた
資金を元に開業するわけですが、全てを預貯金で賄うのは
非常に難しいと思われます。

そこで金融機関に融資の依頼をするのですが、あなたなら
これからどうなるか解らない事業にお金を貸せますか?

普通の判断であれば貸さないでしょう・・・、金融機関も
同様で個人の新規事業にはなかなか融資がされないという
現実があります。

審査が厳しく、融資を受けられても満足な金額には程遠い
と思われます。

貸すほうも慎重にならざるを得ないと思います、いつ廃業に
なるか解らないわけですから・・・。

しかし、資金が足りないもう一息の資金があれば開業できる
という事態に直面する事が多いと思います。

そんな時は国の金融機関にお願いをしてみるのが一番早いと
思われます。

代表的な所では「国民生活金融公庫」という機関があります。
ここのコンセプトは「民間の金融機関から必要な資金の一部しか
融資を受けられなかった方を対象としています」とあります。

民間の金融機関と比較すると
・融資の条件が緩く個人事業主の開業にも積極的に融資してくれる
・金利が断然低い事
・融資額全額使用できる事
・融資審査結果が早く、融資決定までの時間が短縮出来る
・担保なしでも融資を受けられる

と非常に融資を受けやすい仕組みとなっています。
民間金融機関に行くと時間の無駄になりますので、最初から
国民生活金融公庫へ行く事をおすすめいたします。