トップ画像

事業が先送りになり失業保険を受けるハメに!雇用保険申請手続き


~いつ訪れるか解らない失業や退職、再就職~
退職前にフランチャイズの前契約が完了し、いよいよ開始しようかと
退職をしたら、契約破棄となった友人がおります。
その方は金融機関に60万円程のキャッシングローンがあり、審査通過出来ず
契約破棄となってしまいました。そうならない為にも事業前の借金は気をつけて
おきたいですね。

これから開業してと思っていたが様々な事情でやはり再就職したいと進路変更
する方もなかにはいらっしゃるかもしれません。

そんな方に一応、雇用保険の受給について触れておきたいと思います。事業開始
が完全に決まっている方には関係ない記事となりますので飛ばしてもらっても
構いません。

まずは失業給付を受給できる人の要件になります。
・働きたいが職場が決まっておらず、就職の出来ない人
・この先、働く意志のある人、または働ける人
・就職先を積極的に探している人
・雇用保険に過去1年間で6ヶ月以上雇用保険に加入していた人
となっています。(細かな規定はハローワークに確認してください)

失業給付を受ける際に必要な物
・雇用保険披保険者離職票・・・会社から退職後に渡されます。
・雇用保険披保険者証・・・これも会社から退職時に渡されます。
・写真・・・縦3センチ横2.5センチ写真で上半身 2枚必要
・住民票
・印鑑
・本人名義の普通預金口座通帳のコピー

 これらの物がそろったらハローワークへ行き申請をします。
求職票に様々な事を記入し受給資格が決定されます、その後に
詳細な受給金額や受給期間などを聞く為に説明会に出席、3回ほど
出向いてようやく支給が始まります。

雇用保険受給資格者証という書類に期間や給付金の額などが
記載されいます。

基本的に自己都合退職の場合には3ヶ月以上の給付制限があります
ので即給付が始まるわけではないという事を承知しておいてください。