トップ画像

知ってしますか?自営業者でも使える受給資格者創業支援助成金


~いつ訪れるか解らない失業や退職、再就職~
雇用保険は失業時に貰う保険ですが、残念ながら開業の意志がある際には
基本手当てとしての受給は出来ません。

仮に開業を考えているが準備など何も行っておらず、給付条件が合えば
当然受給は可能です。

しかし大方、開業準備をして退職するという形を取る為、基本的には
貰えないと思った方が正解です。

しかし雇用保険には基本手当て以外に『教育訓練給付』という物は
受給可能です。例えば簿記をやっておいて将来に使いたいとか受講する
場合に要件を満たせば受給が可能です。

原則は受講費の20%(上限は10万円)を受給する事が可能です、3年以上の対象講座修了者
という要件はつきますけど。

もう一つが『再就職手当』というものです。
会社を退職しハローワークに登録したけれど、自営業を開始したという場合に
その手当ては支給されます。

正確には7日後に開業準備をしたという要件があればです、また受給するには開業届け
など起業を証明出来る書類が必要となりますので、開業届けを出す際にコピーを取って
おくと良いと思います。

さらに『受給資格者創業支援助成金』という助成金も対象になります。
創業時の経費など費用を一部助成してくれる助成制度です。
創業後1年以内に人を雇い、雇用保険の適用事業主となる事が条件となりますが
飲食業など人を必ず雇う人にはぜひ申請していただきたい制度です。

あくまでも上記再就職手当ての手続きを済ませた人が対象となりますので
いきなり助成金申請をしないように気をつけてください。

この3つの制度は自営業者でも利用出来るのにしていない方が非常に
多い事項ですので一度ハローワークで確認する事をおすすめいたします。