トップ画像

個人事業主は労災保険がなくなります、対処は?


~いつ訪れるか解らない失業や退職、再就職~
先の健康保険の説明にも記載しましたが、国民健康保険では労災保険は
ありません。もし開業後に業務上の怪我などした場合にも当然ながら
労災などありません。これは非常に痛いところではあります。

しかし、民間保険会社には様々な保険があり自分の目的とする補償を
受けられるプランなども多数あります。

一度資料などを取り寄せて詳しく見ておくことをおすすめします。
さて、私が開業した時には調べる時間も惜しいし、掛け金の負担も
非常に気になりました。しかし掛けなければならない・・・。

そんな時に利用したのが「全労済」です、別に宣伝をしてもしょうが
ないのですが、私はここの掛け捨て1500円を利用しました。
その後は金額を上げて補償内容を充実させましたが、当初はこんな
安価な保険が負担にならなくて良いと思います。

この全労災は会員制度になっており100円程の入会金で加入できます。
そして1年ごとの更新となりますので負担としてはかなり魅力です。

保障内容も例えば
1800円の掛け捨てタイプでしたら
 (死亡時・重度の障害)
  交通事故   ・・・1200万円
  不慮の事故  ・・・800万円
  病 気    ・・・400万円

  (3~14級の障害)
  交通事故・・・540万円
  不慮の事故・・・360万円
  
  (5日以上の入院時)
   交通事故・・・ 1日 5,000円
   不慮の事故・・・1日 3,000円
   病気など ・・・1日 1,500円
  
  (通院時) 
    交通事故・・・1日 1,000円
 の保障内容となっています。(正確にはパンフレットなどをご覧下さい)

 その他各自治体で共済タイプの保険がありますので自分に合った
 保険をお選びいただけたたらと思います。