トップ画像

家族の同意はどの程度なのか?やったら?程度では厳しい


~いつ訪れるか解らない失業や退職、再就職~
会社員を辞めて開業独立を決断する前に必ず家族との話し合いは行うと思います。
妻であったり夫であったりこれからの生活がありますから当然ですよね。

書籍などでも家族の同意は得たのか?などと読むことはあると思いますが
同意無くして開業する人はほんの一部だと思います。

私がお伝えしたいのは「ふ~ん、あなたがそう思うのならやってみたら」
程度の同意では駄目だという事です。

それは配偶者などに収入面以外で必ず迷惑をかけるからです、または協力を
得なければやっていけないからです。

のちのち「こんな生活なら賛成しなければ良かった」と思われない為にも
もう少し突っ込んだ説明と同意が必要と思います。
これは現に私が経験しましたのでこの点は強くお伝えしたい部分です。

私は開業当初、妻が協力してもらえるものと勝手に思っており、人件費1名分を
試算に入れておりませんでした、しかし妻は手伝うつもりはなく、育児に掛かりっきり
そんな状態では手伝えるはずがないと、話が大きくずれていきました。

更には「こんな収入でどうするの?暮らせていけないわ」など愚痴が出てくる始末です。

私としてはしっかり説明をして「やったら?」と同意を得たつもりでいたのです妻は
子供の世話などで話半分しか聞いていなかったと後から言われました。

私のように最悪なケースにはみなさんはならないと思いますが、しっかりとした
同意と業務協力の有無は必ず確認をするようにしていただきたいと思います。

また退職金についても同様です、数ヶ月は収入が安定しない事を前提に極力手を
つけない様に説明しておく必要もあります。
現金はとにかく必要になりますから、無駄使いとまでいかないまでも、退職金で
どこかに骨休めなんてのんきに出費するのは避けた方が無難です。