トップ画像

何でも経費で落とせるけど・・。


~いつ訪れるか解らない失業や退職、再就職~
今まで、会社で使っていた経費をあなたに「支払ってください」なんて事は
なかったですよね?

携帯電話、WEB使用料、固定電話、自動車の維持費、保険、駐車場代、
接待の費用もろもろありますが。

個人事業主は当たり前ですが全て自分持ちになります、まあ当たり前ですよね。

しかし良い面は、売上げ、収入に対して経費扱いできるという面です。
例えば作業用のズボン、普段用と兼用に出来ますよね、シャツや靴、
手袋の帽子、出張した際の旅費などなど経費なのかプライベートなのか
判断出来ない物を経費扱いしている人は大きな声では言えませんが多いと
思われます。(厳密にはいけないのでしょう、脱税となりますから)

会社員の友人なども「いいよな~、これも経費で落ちるんだろ?」
などと言ってきたりします。
現に交際費など認められる経費は多数あります。

しかし、ここで気をつけなければならないのが、会社員であれば領収証を
会社に提出し認められればすぐに現金は返却されますよね?

しかし個人事業主は確定申告までお金は戻らないのです、1月に立て替えても
翌年の1月までは帰ってこないのです、最長1年といったところでしょうか。

しかも、現金で返ってくるわけでなく、申告による税金支払額で調整される
だけなので返ってきた実感があまりありません。

遣いすぎると本当に苦しくなりますから、「これ経費で購入しよう」なんて
安易にやっていると後悔しますからお気をつけください。

あとはスーパーの買い物レシート、本屋のレシートなどレシートは何でも
保存しておく事をおすすめします。
仕事に関係あれば書籍でも経費ですし、会議にお茶を飲めば会議費として
経費扱いですから、使わない手はないですよね。